ユーザーの追加

この記事は、『Automation Anywhere 導入マニュアル』の第4回の記事です。
目次はこちら

前回の記事では、ライセンスのインストールをしましたので、今回はユーザーの追加をしていきます。

ユーザーの追加

ライセンスをインストールするには、Admin権限が付与されているユーザーでログインをしている必要があります。

コントロールルームのメニューから、”ADMINISTRATION”→”Users”と選択します。

そうすると、ユーザーの管理画面が開きます。
ここでは既に登録されているユーザーの情報を編集したり、権限の変更などができます。
新しくユーザーを作成する場合は、画面右上の”Create user…”を選択します。

ユーザー登録は以下の3ステップになります。
①基本情報の入力
②権限ロールの選択
③ライセンスの割当

①基本情報の入力

まずは以下の基本情報を入力します。
・Username
・Password(Comfirm)
・Email(Comfirm)

また、オプションとして、ユーザーの説明や、姓名も入力することができます。

②権限ロールの選択

次に、ユーザーに設定する権限ロールを選択します。
基本的な権限ロールはあらかじめ用意されており、通常ユーザーは”AAE_Basic”が相当します。

③ライセンスの割当

ユーザーにBot runner や Bot creator などのライセンスを割り当てます。
例えばここでBot creator を割り当てた場合、そのユーザーはクライアント側でBotを作成できるようになります。

最後に、画面右上の”Create user ▼”を押下すれば、ユーザー登録が完了です。

→第5回『Automation Anywhere Enterprise のインストール方法(Bot Creator編)』を読む