Control Roomの初期設定

この記事は、『Automation Anywhere 導入マニュアル』の第2回の記事です。
目次はこちら

前回の記事では、Control Roomのインストールが完了しましたので、今回はControl Roomの初期設定をしていきます。

Control Roomの初期設定

Administratorを作成する

Control Roomを初めて起動すると以下のAdministrator作成画面が表示されます。
ここの画面上で以下の必須項目を入力し、”Next >”で作成完了です。
・Username
・Email
・Password

Security Questions を設定する

次は、Security Questions の設定になります。
よくある『秘密の質問』で、3つの登録が必須となっています。
全ての入力欄に入力し、”Next >”で完了です。

ここまで進めると、以下の画面に切り替わります。
これでControl Roomの初期設定は終わりです。

→第3回『ライセンスのインストール』を読む