業務自動化テクノロジー「RPA」とは

RPA Knowledge(アールピーエーナレッジ) へようこそ!
ここでは、「RPAってよく聞くけど、結局何なの?」という方のために、RPAの概要を紹介します。

RPA(Robotic Process Automation)とは

「RPA」とは、ロボットを雇用して組織・業務の構造を改革する取り組みを表す言葉です。ロボットは「デジタルレイバー(Digital Labor)」や「仮想知的労働者」とも言い換えられ、単なる自動化ツールではなく、人間と同じように働く労働者としての認知が広がりつつあります。
主にバックオフィスにおけるホワイトカラー業務の代行を担い、人間が付加価値の高い業務により多くの時間を割けるようになるのが大きなメリットです。

RPAができること

一般的なRPAツールには次のような機能が備わっています。そのため、これまで人がPCで行ってきた定形業務はほとんど代行することが可能です。また、AIやOCRを組み合わせることで対応可能な業務の幅はさらに広がります。

  • キーボードやマウスなどのパソコン操作の自動化
  • パソコン操作のレコーディング
  • 画面に表示された文字列の判別
  • 画面に表示された図形や色の判別
  • アプリケーションの起動や終了
  • IDやパスワードなどの自動入力処理
  • スケジュールの設定と自動実行
  • ノンプログラミングによる作業手順の設定
  • 異なるアプリケーション間でのデータの受け渡し
  • 社内システムと業務アプリケーションのデータ連携
  • 条件分岐設定による適切なエラー処理や自動応答

RPA導入のメリット

RPAを導入することで、人間が付加価値の高い業務により多くの時間を割けるようになるという事以外にも、以下のような効果を得ることができます。

コスト削減

RPAを活用すれば、1台のロボットで人間数人分の業務を代行することが可能です。RPAの導入コストは決して安くはありませんが、派遣社員1人を雇用するよりは安くなるので、その分の人件費を削減することができます。

エラー削減

RPAは人間のようにミスをすることがないため、最初に業務を正解に学習させればエラー0を達成できます。

顧客・従業員満足度の向上

RPA導入により従業員の作業品質が良くなることで、製品力や顧客フォローの質の向上が見込め、顧客満足度の向上へ繋がります。さらに、従業員が自身の能力を活かせる業務に多くの時間を使えるため、労働に対する意欲・満足度の向上へも大きく貢献してくれます。

最後に

RPAを導入するとコスト削減や業務効率化が見込めるため、昨今話題の『働き方改革』との親和性はかなり高いです。
「RPAの導入を検討している」、「RPAを導入しているが、使いこなせていない」等、RPAに関してのお悩みがありましたら、お気軽に弊社までお問い合わせ下さい。